出張ドッグトレーニング・しつけ指導・カウンセリング                    訓練 札保動セ登録第872号 保管 札保動セ登録第1334号
出張ドッグトレーニング・しつけ指導・カウンセリング
札幌市西区平和1条4丁目3−12 
ドッグトレーニングトップ
問題行動修正トレーニングコース
パピーコース
お申し込みの流れ
よくある質問と回答
ワンポイントレッスン
トレーニング予約 出張ドッグトレーニング スマイルドッグ
ワンポイントレッスン


お散歩の時に引っ張ります。どうしたらいいのでしょうか?
他の犬に吠えます。どうしたらいいのでしょうか?
人好きな犬で、目が合った人に飛びつきます。どうしたらいいのでしょうか?
おやつを使ってのしつけはいけないでしょうか?
うちの犬は呼んでも戻ってこないのですがなぜですか?
子犬にトイレを教えるいい方法は?



お散歩の時に引っ張ります。どうしたらいいのでしょうか?

お散歩の際に犬が引っ張るという事ですね。
では引っ張らなくなる練習という前にまず、なぜ犬が引っ張っていくのかを考えましょう、引っ張りながら犬は何処を見ているのですか?
良くあるのは、お散歩は犬の運動の為といいつつ実際は排泄をさせるのが目的になってしまっている。なんてことも・・・。そのような場合、犬の視線は「どこで排泄しようかな?」とか「あっ!興味のある匂いだ!」なんていうように、飼主さんは目にも入らず犬は勝手に歩いてしまう、そうすると飼主さんは後ろで引っ張られてしまっている、というのが良くありますね。今は排泄でしたが、それ以外にも(他の犬がいると興味がその犬の方へ)なんていうのも多いですね。
引っ張る犬には「引っ張らなくする練習」と考えるのではなく、犬の興味を飼主さんに向けさせる事が大事なのです。散歩中、飼主さんの方を犬が見るから飼主さんが止まったら犬も止まるのです。しかし飼主さんを犬が見てなかったら止まっても犬はそのまま歩き続けるでしょう。
散歩(脚側)の基本は人と犬のコンタクトなのです。是非犬の興味を引き付けて歩く練習をしてみてください。



他の犬に吠えます。どうしたらいいのでしょうか?

現在他の犬に自分の犬が吠えたらどの様に対処しているのですか?
大体が「ダメよ!」と声で叱る方が多いのですが、叱ったら吠えは止まりますか?
また次に同じような機会があった際変化がありましたか?
効果(変化)の無い練習を何度続けても時間と労力の無駄ですね、(当然変化が見られるのでしたら続ける意味はあります)犬が何かに吠えると言う時、大事なのはその犬が何処を見て吠えているかです。
 ほとんどは相手の犬や人・物を見ながら吠えているはずです。ではその視線を飼主さんに向けさせてみてください。吠えは減少するはずです。"犬が吠えたら叱る"ではなく、"犬が吠え始めたら犬の視線を対象から逸らさせて飼主さんに向けさせる"という事が大事なのです。そうして犬の視線が飼主さんに向いたとき初めて"いけない"と目を見て注意する事です。



人好きな犬で、目が合った人に飛びつきます。どうしたらいいのでしょうか?

人好きというのは決して悪い事ではなく、恵まれた才能や飼主さんの飼育方針の成果です。
しかし飛びついていく様であれば考えなくてはなりません。この様な場合、飛びついた犬が悪いのではなく、飛びつく事を止められなかった飼主さんに問題があるのです。飛びつく前、犬は相手の人に対して興味(視線)はありませんでしたか?まずここで前兆を見逃してはいけません!
危ないなと飼主さんが感じていたなら、犬の視線をしっかり飼主さんへ戻し、"座れ"や"伏せ"の命令を使い犬をしっかり落ち着かせることが出来るはずです。これだけでも、犬の飛びつきを防ぐことが出来たはずです。「犬のしつけは成功の積み重ねです、失敗を積み重ねると悪い習慣になるだけです」是非犬が飛びつき(失敗)して叱るのではなく、成功を積み重ねて教えていきましょう。



おやつを使ってのしつけはいけないでしょうか?

おやつを使ったしつけはいけなくはありませんよ、私共も使用する場合がありますので。
しかし1点必ず注意して欲しい事があるのです。例えば犬に"おすわり"の命令をかけたとしましょう。きちんと出来たので「おやつ」というのはいけません!きちんと出来たら、まずは飼主さんが言葉や撫でたりしてしっかり褒めてください。その後一呼吸してから、おやつをあげましょう。
これは、「命令=おやつ」ではなく「命令=褒められた」が大事なのです。是非間違えないで実践してください。



うちの犬は呼んでも戻ってこないのですがなぜですか?

呼び戻しの練習はしつけの中でも難しい練習です。
それは犬の意思が大きく左右するからなのです。座れの練習で犬が座らなかったら、お尻を押してでも座らせられますね、でも呼びの練習で犬が戻ってこなかったら犬と飼主さんの"追いかけっこゲーム"の始まりです。だからこそ呼びは難しいのです。
では、どの様にすればいいのかですが、基本は「呼んだら必ず戻る事」です。
 その為にはまず練習は必ずロングリードもしくは長めのリードを使用して、ノーリード練習は絶対にしないで下さい。(犬のしつけは成功の積み重ねです、失敗を積み重ねると悪い習慣になるだけですから。)
 次にリードを付けた状態で飼主さんと犬が1mはなれた状態(リードを付けた状態)で呼んだら戻れるかを確認してください。確認できたら、この犬は何m以上離れたら戻ってこないかをしっかり飼主さん自身で知ることが大事です。
そうして成功を積み重ねながら距離を少しづつ伸ばすのがポイントです。

補足で良く犬を呼ぶとき「○○ちゃん!おいで」という命令がありますが、これはいけません!これでは○○ちゃんが呼びの言葉です。しっかり「おいで」や「カム」といった命令で呼ぶようにしましょう。その方が犬も覚えやすいからです。


子犬にトイレを教えるいい方法は?

実はトイレのしつけは年間通して1番多い相談内容なのです。
まずトイレの基本はしっかり定着する迄、教えることです。トイレが出来るようになったから、さあしつけも終わりは絶対いけません。
ではトイレのしつけですが、基本は成功を積み重ねることです。
成功率の高さと確実性からいったらゲージを使用して教えることです。ゲージを使用しない方法はどうしても失敗があり、教えるのに時間が掛かります。全く無理な方法ではないのですが・・・。
ゲージを使用するトイレトレーニングの基本は、犬が排泄の兆候が少しでもあるとき(食事の後・寝て起きた後・遊んでる最中や直後)などのタイミングで、飼主さんから自主的に犬をゲージへ戻し排泄をするまで出さない→排泄がしっかり出来たらゲージから出して褒めて遊んであげる。というのが基本です。
しかしトイレのしつけは家の環境やライフスタイルによっても教え方が様々です。
ここでは基本的な方法を記載いたしました。やはり粗相を繰り返してしまうようでしたら是非ご相談下さい。