出張ドッグトレーニング・しつけ指導・カウンセリング                    訓練 札保動セ登録第872号 保管 札保動セ登録第1334号
出張ドッグトレーニング・しつけ指導・カウンセリング
札幌市西区平和1条4丁目3−12 

 

    スマイルドッグの超プライベートな徒然日記。

2016年8月18日(木)

 吠えるのにも訳がある(その3)



ご相談される飼い主さんとワンコで
多いのが、この組み合わせです。

ビビりで威張り坊さんのパターン。

吠えながら逃げまくって逃げまくって
吠えやまない。
お客さんが動くたびに吠え続ける。

この場合、ハウスリードが必要です。
まずは吠えやます(落ち着かせる)よりも
動きを止める。
意外と動きを止めてしまえば、落ち着くものです。
動くのでどんどん興奮します。

動きを止める。これだけでも主導権はどっち?

来客に突進ガブリのワンコももちろんハウスリード。突進させない。です。

小型犬の場合ですと、カバンなどで防御してしまえば、今度は逃げ回るパターンになりますが、
突進自体させない。のが基本です。

リード=リードする者は誰ですよ^^
見えるリードから見えないリード(絆)へ


もうすぐ10歳のワンコでしたが、頑張っています
ありがとうございました