出張ドッグトレーニング・しつけ指導・カウンセリング                    訓練 札保動セ登録第872号 保管 札保動セ登録第1334号
出張ドッグトレーニング・しつけ指導・カウンセリング
札幌市西区平和1条4丁目3−12 



    ドッグライフのドッグトレーナーが執筆。雑誌・フリーペーパーなどに連載するコラムをご紹介します。

  人の気持ちと犬の気持ち


私の所にご相談される方の多くが、
「不安」や「恐怖」を抱えています。

他の人や犬を噛んだから不安で。
噛んではいないけど、噛みそうで不安。
噛まれたから正直怖い。

問題と思われている犬も実際は
「不安」「恐怖」の塊なんです。


人の気持ち、犬はとっても感じています。
知らず知らずに犬に合図を送っています。


例えば、散歩で他の犬や人とすれ違う時、
無意識や意識的にリードを握り締めていたり。
または、感情的に叱ってみたり。
「スミマセン・・スミマセン・・」
と下手に出てしまったり。


家の中でも同じです。
チャイムに吠える犬がいます。

大体最初私が行く時、お家の方は
「誰か来たから早く出ないと!」と焦ったり、
吠える犬に向かって「うるさい!」と感情的になっています。

これも犬に対するサインになっています。


人の感情や気持ち。心の動揺も察知しています。

それで、余計に不安になったり怖くなったり犬もしてしまうのです。


特に困った悩みをお持ちのお家に伺うと、
空気がどんよりしていることがあります。
マイナスな空気が。ネガティブ空気にあふれています。
人も疲れきってしまっています。
犬も神経ピリピリで疲れています。


人の持つ「不安」「恐怖」を取り除くにはどうしたらいいでしょうか。


答えは自信をつけることです。
私でも出来た!出来るんだ!!という自信。

でも、残念ながら、人が練習して学ばなくてはいけません。
犬は勝手に覚えてくれません。


練習している時に、必ず「あ!これだ!」と自分で感じる時が必ずあります。


自分の思い描く犬との生活。
1枚の絵を完成させる為に、一つ一つ下書きをして、色をつけて、完成すればいいのです。
失敗したら、消しゴムで直し又書き始めます。
色塗りが失敗したら、違う色で重ねて自分が思う色を重ねて塗ればいいのです。

失敗したら、正しい方へやり直せばいいのですから。


「不安」「恐怖」を感じた時、一回深呼吸。

マイナスイメージからプラスイメージへ。

自分の犬と問題に取り組んだ時、
自分と向き合う一つかもしれません。


人が変われば犬は変わります!

頼りがいのある親(飼い主)だと、子(犬)も不安なく、恐怖なく落ち着いた生活が出来ます^^
守ってくれる人がいるのですから♪


長文読んでくださり、ありがとうございます。